神の小説

ライプツィヒの街で教会でモテットを聴く。

トーマス少年合唱団の歌声、モテットを聴きに行きました。

開演45分前には、信者も観光客もこのモテットを楽しみに、教会の前に長い行列が出来ています。

ここはヨハン・セバスティアン・バッハが、1723年から1750年まで27年間も合唱指揮を行っていたという、そして今ではバッハも眠る神聖な場所。

250年以上経った今でも、それはそれは、毎週、そして厳かにとり行われ、継承されていて、

なんだか、バッハの歴史の一線上に居合わせているような高尚な感覚になりました。

 

さて、「神の小説」というのは、エンリケ・バリオス著書の「アミ 小さな宇宙人」という本に出てくる言葉です。この本は世界11か国語に訳されたロングベストセラー、心のコアに迫る一冊。

この本でも、前回ブログに書かせて頂いた「アガスティアの葉」と同じく、人生のあらすじは「神の小説」に全て書いてあるとあります。

小説形式で、人間、そして地球の精神レベルの進化を解いています。

挿絵が先日亡くなられた、さくらももこさんなので、とても可愛らしい雰囲気。深い内容を易しく説いています。

 

 

素敵なフレーズだと思ったのは、

「ちょっとでも考えるのをやめてごらん。幸せになれるよ。」 “神の小説” の続きを読む

気の流れのいい時。心配しない。

ライプツィヒは、娘が来春から通うドイツの音大のために、ここの語学学校を選んだから。

しかし音大生の娘は、毎日を語学で終わるわけにもいかず、たとえボロでもピアノが弾ける環境を探さなければ。。。と、娘は渡独前からたくさんのピアノやさんや音楽学校に問い合わせしていました。

しかし、メール問い合わせの返信も来ないところが多く、返信が来ても、毎日語学学校もあるため、ちょうど合う時間帯で貸し出してくれるところが見つからず、、、渡独の日になり。。。後は、現地で歩いて探すのみ!と出発。

ところが、心配はいらないんだった。笑 “気の流れのいい時。心配しない。” の続きを読む

音楽の街、ライプツィヒが語りかけたこと。

 

ドイツのライプツィヒ トーマス教会

吉方で訪れ、ライプツィヒを味わっています。とはいえ、そんなにのんびりでもなく、娘のドイツ留学手続きで結構忙しい💦

さて、このトーマス教会は、13世紀創建。バッハが1723年にトーマス教会少年合唱団の音楽監督カントールに就任し、この寄宿舎に住んでいました。そして、現在ここにバッハの墓所があり、私も先日訪れ手を合わせました。何とも不思議な感覚を覚えました。。。 “音楽の街、ライプツィヒが語りかけたこと。” の続きを読む

サンスクリット語「ラーガ」

インドの伝統音楽に、ビートルズが影響されたということは知られていますが、そのシタールという楽器の奏者ラヴィ・シャンカール(2012年没)に魅せられました。娘が音大に通っているのでその学びの一環で今に出逢った訳ですが、ラヴィ・シャンカールは知る人ぞ知る、神とも崇められた方でグラミー賞最優秀アルバム賞も受賞しています。

その独特の「気」の精神世界を醸し出すインド伝統音楽の基本は、西洋音楽の基本理念とは全く異なったもの。「ラーガ」という200を超える種の旋律と、「ターラ」という175を超えるリズムで構成されているそうです。そして「ラーガ」とはサンスクリット語で。。。 “サンスクリット語「ラーガ」” の続きを読む

子供の成長

 

いただいた花束

ピアノの舞台

日曜日は私の母の趣味の歌の発表会で、
母の希望で娘(母にとっては孫ですね(~_~))が
ピアノを弾かせていただきました。
ピアノの発表会やコンクールの雰囲気とは違い、
ラフな雰囲気の中、ちょっと間違えたものの、
娘はそれなりに舞台をこなしていました。

私は気学でいうなら土星で、
まったく裏方専門なので(*^^)v
舞台を楚々とこなす子供たちには見せませんが、
内心は、いつもどきどきです

息子の進学

昨日は息子の中学で受験の個別面談がありました。
この時期になるとさすがに、定期テスト内申
ちょっとハラハラするものです。
吹奏楽なので11月まで部活もやり抜いて
提出物も頑張って、
定期テストもかなりトップクラスの結果を出したわりに・・・
ちょっとこの内申?・・・

でも、いつも何事にも前向きに受け止めてくれる息子に
安堵というより、感謝みたいな気持ちを持ちます
よく、成長してくれたなあ

私は子供ふたりとも、大好きです
いつも、人生楽しませてもらって
ありがとう