気を生かす。

このぼやけた写真は、東京王子 気学第1回のルーズリーフの書き出しです。

前にも触れましたが、村山先生と2002年にTPIというセミナーで出逢い、

気学は岐阜・長野方面でしか開催されていなかったこの頃、東京で気学の講座をお願いし、村山先生と生徒たった7人でスタートした第1回目のノートです。

この時ほど、ワクワクドキドキしたことはないですね。

 

 

私はこの第1回のノートに、村山先生のお言葉をこう記しています。

すべての生命に「気」がある。「気」は「命」である。

私が「生きる」 → そして相手の「気」を生かす。

自分が生きてこそ、相手を生かせるのである。

自分が生きるとは「生活」であり、「子育て」であり、

「生きて、動いて、生かしていく。」

「喜びに生き、悲しみに生き、強さに生き、弱さに生き、悩みに生き、、、そのまま生きる。」

「生きる力」は「生かす力」=collaborate 共に働くのである。

 

これが気学を習うということ。

後天定位とか、仮吉方とか、小児殺とかたくさん教えて頂き、

夢中になりましたが、大切な奥深い気学の、その基本はこの第1回でも伝えて下さっていたのだなと、今思うのです。

村山先生どうぞどうぞ、お元気になられて下さい。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。