命の瀬戸際に。

この数ヶ月、ブログもお休みしていましたが、
実は兄がくも膜下出血で倒れ、ICUに入っていました。

ここで語るのもどうかと思いましたが、
兄は姓名鑑定する誰もが文句のつけようがないような
強運姓名の持ち主で、かなり強運人生を歩んでいます。

しかし、兄とは子供の頃からあまり温かな思い出がなく、
私からするとかなり怖い存在で・・・
私としてはかなり距離を置いて生きてきました。
その兄とこの数年、何の因果か一緒に仕事をすることになり、
距離を置いていれば嫌な思いもしないでよかったはずが、
たくさんの心労を重ねる結果になり、
4年後の昨年、やっとピリオドを打ったばかりでした。

それが、この春、兄がくも膜下出血という病気で倒れて
それこそ、命の瀬戸際にいた兄を見て、
なにか、全てが溶けたように、
できるだけのことをしたいと思い毎日ICUに通いました。
そして、快復を祈りました。

この病気で倒れると、後遺症もなくもとの生活に戻れる人は
一割と言われているそうで、
本当に深刻でした。
でも、やはり強運な兄でした。
たった1ヶ月後、後遺症もなく仕事に戻りました。

命の瀬戸際であの時、溶けたものは何だったのか。
それは、この生で抱えている「こだわり」や「しがらみ」
だと言えるのでしょうね。

どんなにうまくいかない家族でも、夫婦でも、
自分が今生きるこの人生を多少なりとも関わって
共に歩くと選んだ人です。
日常を生きているとその日々の事象に、本来を忘れがちですが、
関わってきてくれた人、その存在全てが、
やはり、ありがたいのです。

自分が生きているうちに、
その「ありがとう」を伝えておきたいと思いました

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。