気学と出会うことの奇跡。

観音様と蓮の花

気学と出会うということの奇跡 

改めて考えてみると、「気学」と出会うということって、奇跡的だなと思うのです。 

世の中で出会う人に何をやっているのかという話になった時、「気学をやっています」というと、以前は、たいてい「キガク?」「それって楽器の?」と言われました。 そのくらい、日本人でも気学を知らない人が多いのには驚きますし、とても勿体ないことだと思います。 

なぜなら、気学は方位学であり、ある意味統計学であり、そして、私なりに実感したことで言えば、以前からブログでお話させて頂いているように、「引き寄せの法則」であると実感しているからです。だから、押し付ける気はこれっぽっちもないけれど、内心「知らずに過ごすのは勿体ない。あなたも取り入れてみればいいのに。」とは思っています(笑)。 

むしろ、中学校あたりの選択科目にでも入れてくれたら、どんなにそれからの人生を生きやすい学生が増えるだろうとさえ、本気で思っています(笑)。 

今、私はヨガも生活に取り入れていますが、ヨガも同じように人生を生きやすくする学びで、ヨガに出会ったことで楽になった話もよく耳にします。 ヨガが急速に日本人に受け入れられてきているのは、仏教との関わりが深く、座禅、瞑想といった日本人の心に結びつきやすいからだと思います。 

気学もそもそも東洋思想なのですが、昔は秘儀として知る人ぞ知る、国を動かすような重要人物の相談役としての特別な人だけの専門知識であったのです。 それが今こうして村山先生などの素晴らしい先生によって一般の人々にも学びやすくなった、そして広まってきたということですね。 

私ごとを打ち明けると・・・ 

息子も娘も成人し、それぞれが独立する生活を送る流れの中で、我が家では気学によって動くことは自然なので、 引っ越しや留学などの節目には、もちろんそれが必須に(笑)吉方位で動くわけですが、吉方位で動けば動くほど、 人生で出会う人が、気学を学んだことのある人や、教えを受けて方位を取っている人々との出会いが増えてきて、不思議なご縁の中で、次の吉が運ばれてくるようになっています。 

とても不思議なご縁ですが、今、娘はドイツに留学中なのですが、出会う人と自然と気学の話ができ、どんな吉方を取ってきたのか?と聞かれることも増えてきたと話しています。留学は建設方位(吉が12倍)で方位を取ったことを話すととても驚かれるそうです。

振り返れば、気学出会えたこと自体が奇跡であり、その学び通りに楽しんで学び過ごしているだけで、次の奇跡が運ばれてくる。気学は学問なのですが、その神秘は計り知れず、奇跡が奇跡を産む連続を楽しんでいます。

どうぞ、皆さまもこのご縁を活かせることを祈ります。 

私は、少しずつ、内容をご紹介していくだけだと思っています(^^♪。 

************************************************

◆運気、気学をDVDで学べる⇒こちら

◆あなたもメルマガを読んで、気学で人生を変えてみませんか?

「気学な生活ブログ☆メルマガ」(通常月1回発信)

★お得な気学情報を特典付きでお届けします。

特典付きメルマガ登録→こちら