「気」の向くことと、「気」の向かないこと。

今、あなたは人生に乗っていますか?

気学を学んでいる人なら、大切なことを決める時、その年の廻座盤を見たりして時期を考えるものですが・・・。その決断の時までじっと待とうなどと思って耐える時、そうとう辛いことってありますよね。

そんな時は私は大抵、暗剣五黄殺がかかっていたりますが(笑)、
とにかく「気」が向かないことをするというのは、相当、心身に堪えます。
私は顕著に、現れます。

この時期を見送るというのでしょうか、良い気運の時が来るまで待つというのは辛いけれど、誰にでも悪い気運の時はあるものです。

「気」が向くことをするということは、軽い感じにも聞こえますが、実は真に自然の摂理に従っているということなのでしょう。そしてそれは、良い気運に乗る「気が乗る」ということでもあるのです。

気学を善用しましょう。
***気運が「吉」に転じた時を捕えて乗る***
それが気学なんですね。
またこれが楽しいんです!

気学を学びたい方はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。