photo of deep sky object

羽生結弦さんの星と運勢

photo of deep sky object
Photo by Alex Andrews on Pexels.com

実は私、小さい時からフィギュアスケートを観るのが大好きなのです。子どもの頃、私も少しだけ習っていたこともあり、その華麗な演技を観ることが大好き。浅田真央さんや高橋大輔さん、そしてもっと遡るとアメリカのミシェル・クワンさんが大好きでした。ミシェル・クワンさんの演技はいつも穏やかで観ているだけで癒されるようでした。

そして、言葉では言い表すことが出来ない素晴らしいスケーター、フィギュアスケートで2度もオリンピック・チャンピオンになっている羽生結弦さん。その信じられないような類まれなるレベルのスケート技術と美しい演技には、日本のみならず世界中の人々を感動の渦に巻き込んできました。

羽生結弦さんの魅力はそれだけでなく、その精神力と神秘性にあるように思います。4歳からスケートを始めてからずっとオリンピックチャンピオンになりたいと宣言していたそう。長い間ひたむきにスケートと向き合い、高校生の時にカナダ、トロントにあるブライアン・オーサー指導のクリケットクラブの一員になった時には「ソチとピョンチャンでチャンピオンになる」という夢を語ったそうです。そして2018年にオリンピック2連覇という高い、高い目標の有言実行となったのです。

ピョンチャンでのフリーの演技「SEIMEI」では安倍晴明の魂が乗り移ったかのような気迫の演技、また今回のコロナでコーチ不在の中、苦しみもがきながら作り上げたフリー「天と地と」では、上杉謙信の生き様と自分の戦いのような生き方を重ねたという強い精神力溢れる演技で観るものを圧倒しました。

羽生結弦さんには人間を超えた高い高いエネルギーを感じますが、気学的にはどうなんだろう・・・とふと思って見てみました。みなさんも興味ありますよね?

purple and blue abstract painting
Photo by Anni Roenkae on Pexels.com

やはり・・・、6―④でした。

これは本命星と月命星の組み合わせの中で、最も強いと言われる、本命六白金星、月命四緑木星の組み合わせです。そして尚且つ、勝負に強いと言われる本家星(戌)でした!気学を学んでいるものとしては納得ですね。

・・・となると、知りたくなるのが「羽生結弦」というお名前ですね。「名は体を表す」こととなる「姓名=生命」です。さっそく、姓名鑑定してみました。

やはり・・・、五大真理の整った素晴らしいお名前でした!しかも総角数も人生の成功者が最も多いと言われる「名誉・幸福・成功」の画数でした。気学でも羽生結弦さんの生命の力は強く現されています。素晴らしいです。

とは言え、彼のたゆまぬ努力、清らかな精神、他への尊敬心・・・こういった「生きる姿勢」から魂が磨かれ更にエネルギーが高まり、人を感動させる芸術が生まれているのです。つまり同じ生年月日と姓名を持っている人が2人いたとしても、あとは本人の自力と他力で、時間と空間をどう活かしてきたかによっても大きなエネルギーの違いが起こります。こうして、生まれた素晴らしいエネルギー、過去には全く類をみないこの奇跡の演技を同じ時代に観ることが出来ること自体が、本当に有難いことだと思います。感謝です。

summer garden leaf flower
Photo by Klub Boks on Pexels.com

************************************************

◆運気、気学をDVDで学べる⇒こちら

◆あなたもメルマガを読んで、気学で人生を変えてみませんか?

「気学な生活ブログ☆メルマガ」(通常月1回発信)

★お得な気学情報を特典付きでお届けします。

特典付きメルマガ登録→こちら