人格

 

可憐なシクラメン

先日の事件

先日、ムンバイの事件で日本人も一人、
尊い命を落とされました。
その方の友人がインタビューに答えて、
その方を語って涙ぐんでいらっしゃいました。
「・・・学業もスポーツも仕事でもとても優秀な方で
いつも、素晴らしい家族、上司、お客様に囲まれて
幸せだと言っていた・・・」と。

そんな素晴らしい方がなぜこんな事件に
巻き込まれ命を落とさなきゃいけなかったのか。
誰もがそう思いますよね。

素晴らしい人格者と思われる方こそ、
厳しい人生だったり、
辛い事が波のように押し寄せたり・・・、
そんなことが多く、
そのたびに私は高校生の時に読んだ
一冊の本を思い出します
三浦綾子さんの塩狩峠 (新潮文庫)
です。

その当時、三浦綾子さんの本を色々読みました。
著者は常に語っておられました。
人格者と思われる素晴らしい人に
なぜたくさんの苦しみが起こるのか」と。

あの頃はわからなかったけど、
今はわかります。
人は輪廻転生を繰り返し、
その中で今生、が学ぶ課題を
選んで生まれてきているのでしょう。

より高いには高い目標があるのでしょうね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。