無財の七施

 

枯れている冬のハーブ

前回お話した恵方参りのお寺で・・・

数年前ちょっと弱まった心を癒しに
その恵方参りのお寺に足を運んでいたとき、
そのお寺(真言宗)で見つけた
心を温めてくれた言葉があります。

「無財の七施」

1 眼施(がんせ)

やさしいまなざし
いつも澄んだ清らかな眼で人を見よう

2 和顔悦色施(わがんえつしきせ)

にっこりと笑顔
ほほえみのある顔こそ最高

3 言辞施(ごんじせ)

親切なひとこと
人を傷つける言葉、
言わなくてもいい言葉をつかっていないか

4 身施(しんせ)

きちんとしたおじぎ
身なりをきれいにする

5 心施(しんせ)

あたたかいまごころ
真心をこめる

6 しょう座施(しょうざせ)

ここちよい憩いの場
いま自分が座っている場所をきれいにする

7 房舎施(ぼうしゃせ)

ここちよいもてなし
家の周辺をきれいにする

布施とは自分の持っているものを他へ施すことです。
財とは金銭とか物品、つまり形あるものです。
無財とは金銭とか物品ではなくて、
言葉や心などの形のないものです。
無財のもので施せば、施すほど自分の心が
豊かになっていくから不思議です。
無財の七つの施しは誰にでも実行可能な
菩薩への道です。

これはそのお寺の中のお地蔵様の後ろの
木の板に書かれてあります。
ありがたい言葉です。
人がみなこうして生きていけたら
どんなに豊かな社会になるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。