エネルギーの方向を決める

ドイツでは、コロナも一段落。特に娘が住んでいるロストックでは、騒ぐこともなくワクチン接種なども粛々と進められ、今では何事もなかったかのように落ち着いた「音楽の街」に戻っています。

娘が通う音大では、この夏も学内の室内楽コンクールがあり、娘のバイオリン&ピアノのペアを含む上位3組は、副賞としていくつかの街でコンサートを開いて頂けることになりました。本当にありがたく嬉しいことです。

先日のコンサートはこの写真、素敵な教会でした。ドイツでは近所の方々はこうしてコンサートが開催される度に教会に訪れます。いつもクラシック音楽がすぐそこに流れています。そして、たくさんの温かい拍手で包んでくださいます。

思えば、留学すると決めたのは3年前の春。現地大学の受験日までたった3ヶ月弱の頃でした。それまで通っていた日本の音大に通いながらの受験準備、山ほどの必要書類を用意して受験手続きをしました。いつ思い返しても、すごい決断とエネルギーです。

ドイツ語は高校生の時から選択授業を取っていたとは言え、ドイツの大学(大学院ではなく)に入るのはかなりのレベルが必要でした。あの時はそのレベルにはまだまだだったけど、「この大学に留学する」と決めていました(笑)。

想いを叶えるにはいつだって、エネルギーの方向を決めることが先なんです。

「思考が先、現実は後。」

こうして想いを現実に引き寄せ、翌年の春、気学では大望の建設方位吉方(吉12倍)でドイツへ飛び立ちました。この建設方位の吉方を留学で引き寄せるのは、かなり難しいのですが・・・やはり、コツは日々の前向きなエネルギー。小さな吉方取り、そんな小さな積み重ねが大きなエネルギーを引き寄せる、そんな繋がりを感じます。

そして毎日、何を想うか。心に浮かべることってとっても大事です。

************************************************

◆運気、気学をDVDで学べる⇒こちら

◆あなたもメルマガを読んで、気学で人生を変えてみませんか?

「気学な生活ブログ☆メルマガ」(通常月1回発信)

★お得な気学情報を特典付きでお届けします。